Loading...
PLASSPER

柔道着リサイクルプロジェクト①構想編

こんにちは!突然ですが,,,ウェブサイトにも専用コーナーがありますが(https://www.plassper.com/projects/provition-of-judogi/),クロアチアに柔道着を届けることができるようになりそうです!!

 

今回は,なぜクロアチアに日本から柔道着を送ることにしたのか?ということで

 

柔道着リサイクルプロジェクト①構想編

 

としてお送りします!!

 

 

なぜクロアチア?

最大の理由は僕がクロアチアで柔道指導をしているからですね.柔道着が買えない発展途上国にという考えもありますが,

・世界を変えるにはまずは身の回りから

・チャンスをくれたクロアチアのために何か貢献したい

 

と漠然と考えていたことが理由の一つにあります.

 

簡単に経歴を

僕は2016年4月‐クロアチア(サモボル)にて柔道指導を始めました.1年間の生活が終わり,そこから2か月ほどスロベニア→サラエボ→プーラ→ドゥブロヴニクと柔道教室をしながら各地を回りました.その生活でこんなことを思ったのです.

 

・練習ごとに畳またはマットを敷いて練習する場所が結構ある

・空手や体操クラブと併用なのでフルタイムで使えない道場が結構ある

・靴で畳の上に上がる人が結構いる

・柔道着上しか着てこない人いる(コーチでもたまにいます 笑)

・柔道着ないからTシャツで練習する生徒もいる

・試合会場にゴミが散乱する...

 

他にもありますがこのくらいで.道場(畳)のこと柔道着のことゴミのこと,なんかが1年ちょっと生活して特に気になりました.

 

「クロアチア人そしてヨーロッパの方々は日本の文化や柔道に興味を持ってくれているのにまだまだ伝わっていない部分が多いな...」

「これ解決することでクロアチア内での柔道の価値はもっと高まるのでは?」

 

どうやって解決する?

さて,先ほど上がった気になったことをもう一度整理すると,

道場に関わること(フルタイムで使えない,畳毎回敷いて上げる,靴で上がる)

→新たに専用道場を買う・設立する財力がない,他クラブを追い出すことはできない

土足は地道に啓蒙活動

 

ゴミに関わること

→さらに地道に啓蒙活動,ゴミ拾い

 

柔道着に関すること

→柔道着があれば解決?

 

考えていくと時間をかけてコツコツやっていくしかないようなことが多いなあ

 

でも,もしかして柔道着への意識や買えないという問題は柔道着があれば解決するのか?

日本からもらった柔道着であればみんな大切に使ってくれるかも

柔道そのもの,日本の文化を知ってもらうことにもなるな

 

じゃあ柔道着をクロアチアに送ろう!!

 

柔道着リサイクルプロジェクトのスタートです.

 

では,どうやって...お金は?柔道着はどこから?これは次回の記事で②計画→挫折編でお送りします.

 

Vidimo se!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です